FC2ブログ
※臨場感演出のため、普段と文体が違います。



午後1時半頃だっただろうか、ある男がやってきた。
その男は友人で、そして何より、漢だった。

「俺、明後日になったら受験なんだ」
凄く、爽やかな笑顔だった。
俺は新刊を渡した後姿を、どこまでも見送った。

──あれ以来、彼の姿を見ていない。元気にしているのだろうか。

片付けるタイミングが遅れたせいでやたらと手間取ってしまった。
気が付いたら、アフターが始まってた。
急いで委託の品を宅急便で送り、今回の景品争奪戦──くじ引き大会へと、耳を傾けた。

しばらくして。

「えー、次はChild-Like Jewelさんより……」って、ん!?
ウチ、文字サークルなんですけど?


俺は記憶をたぐり寄せると、そういえばそんなこともあった。
──良く分からんかったが、M木の友人と名乗る人物がウチのサークルの名前を書くとか、
何とか、っていうかM木本人も色紙を出してたとか、何とか。

要するに、あそこにあるのはウチのサークルが作ったものらしい。
まさか俺にあたるはずもなく、誰かに貰われていきました。
大事にしたってや。

一緒に来ていた何人もの友人には片端から当たってたのに、肝心の俺はかすっただけ。
しかもくじ形式でかすっても意味がないという……
結局最後まで何も当たらなかった、が。

ラストのラスト、白衣。ポスターよりあとに抽選をやる辺りが素敵。
俺は貰えなかったけど、凄く誇らしそうでした。


ところが!


「持って帰れない」という一言で、何故か白衣を貰っちゃうことになりました。
一階で白衣に袖を通したら怒られました。てへ。
ついでに記念撮影もしました。チョココロネのチョコが飛び散った白衣……シュールすぎる。

※チョココロネは生産停止になったそうです。残念。

何もかもが終った後、一つ思い立って主催の元へ。
今回のイベントを開いて頂いたお礼と、打ち上げを別な場所でやることの旨を伝える。
(主催は、どこかの居酒屋を貸し切っていたらしい、皆そっちへ流れていったようだ)

我々は我々で、秋葉原の中華屋で打ち上げを敢行する予定になっていた。
東京で別な仲間と落ち合う予定だったらしいM木と一旦別れ、我々は一路秋葉原駅へ……

強風で異常な程電車が混んでて不味いことになってました。
ギュウギュウでカートごと押し込むのは苦労の連続。
っていうか電車から降りた段階でカートに妙な軋みが走って、立て付けが悪くなった。
流石安物、これしきの人ごみで……OTL

まぁ何とかしつつも、ガタガタいうカートを押して飲み屋へ行き、そこで乾杯したのでした。

[完]
スポンサーサイト



テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

 

<< 諸君、私はSchool Daysが好きだ。 | Home | 陵桜祭レポ・当日編(前編) >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP